交通事故のことは弁護士に任せて綺麗にやる

過失割合

交通事故で一番もめるのは過失割合です。相手にぶつけられたのだから、
相手が100%悪いだろうと思っていても、たいていはこちらにも過失を取られることが多いです。

そんなときに、自分も保険に入っているから大丈夫と思っていても、とんでもありません。

過失割合が0の場合は、こちらの保険を使うことはありませんが、
こちらの過失を少しでも認定されれば、その分こちらの保険を使うことになり、
等級は下がって、次回から保険料が高くなるのでたまったものではないし、
また、そもそもこちらの過失の割合を少しでも多くされればされるほど、
相殺されてしまって相手からの受取額は少なくなります。

止まる

しかし、なぜそのようなことになるのでしょうか?
それは過失割合は事故のときに警察が
決めることではないからです。

トンネル

そのため、保険会社などの話し合いで大雑把に
決められてしまい、不満の元になります。

そんなときに、弁護士がいれば適性に
することができます。
保険会社にただ任せておくよりも少々費用はかかりますが、
納得がいかないまま終わりにされてしまったら、モヤモヤしたり
悔しい気持ちが残ってしまい、ストレスにもなりかねません。
そのために、一度交通事故専門の弁護士に相談すると良いです。