交通事故のことは弁護士に任せて綺麗にやる

入院費の金額

交通事故で弁護士が損害補償金額として算定するのは
入院費や通院費が基準となります。

保証されている

もちろん怪我の程度によっても影響を受けることに
なりますが、実際にかかった費用については
標準的な算定に基づいてきちんと保障される
ようになっています。

これが弁護士基準いわゆる裁判基準の慰謝料となります。
強制保険の自賠責基準も参考にされますし、入院の際に
かかった付添い人の有無についても算定基準となります。

保険金自動計算という方法で自動的に算出される金額に
治療費などの実費を加算するやり方です。

見込める

交通事故では個々の事情も加味されますし、
義手などの装具の購入費、自営業なら売り上げから
経費を差し引いた額が保障されるようになっています。

自己年度の前年の収入に労働能力の喪失率と喪失期間を
かけて割り出します。

弁護士基準には2種類あり、弁護士会の損害賠償算定基準と
交通事故センターの交通事故損害額算定基準とがあります。

算定基準には合理性がありますので一定額の保障は
見込むことができるようになっています。